一般社団法人日本推理作家協会

お知らせ

一覧へ

会報2020年6月号を更新しました

2020年6月号を更新しました。

第七十三回日本推理作家協会賞選考会日程決定

 新型コロナウイルス流行による緊急事態宣言を受け延期していた、第七十三回日本推理作家協会賞選考会を七月九日(木)十五時より、集英社アネックスビルにて開催する。ただし、希望する委員は書面選考、出席予定の委員でも体調不良などがうかがわれる場合は、無理に臨場せず書面選考に切り替える。立会理事が書面を読み上げ、それを踏まえて出席した選考委員が討論。立会理事が電話で欠席した選考委員全員に最終確認を取り調整する。

選考委員
【長編および連作短集部門】
大沢在昌、門井慶喜、法月綸太郎、馳星周、薬丸岳
【短編部門、評論・研究部門】
垣根涼介、長岡弘樹、深水黎一郎、麻耶雄嵩、山前譲

候補作
【長編および連作短編集部門】
『早朝始発の殺風景』青崎有吾(集英社)
『教室が、ひとりになるまで』浅倉秋成(KADOKAWA)
『スワン』呉勝浩(KADOKAWA)
『マーダーズ』長浦 京(講談社)

【短編部門】
「神様」秋吉理香子(小説推理一月号掲載)
「青い告白」井上真偽(小説推理二月号掲載)
「さかなの子」木江恭(小説推理八月号掲載)
「コマチグモ」櫻田智也(ミステリーズ!vol.九十四掲載)
「夫の骨」矢樹 純(祥伝社 『夫の骨』収録)

【評論・研究部門】
『ずっとこの雑誌のことを書こうと思っていた』鏡明(フリースタイル)
『シャーロック・ホームズ語辞典』北原尚彦・えのころ工房(誠文堂新光社)
『遠藤周作と探偵小説 痕跡と追跡の文学』金承哲(教文館)
『栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人』里中高志(早川書房)
『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本』山下泰平(柏書房)

 記者会見は七月十日十三時より、リモートにて行う予定。

第66回江戸川乱歩賞決定

「わたしが消える」佐野 広実

江戸川乱歩像及び副賞 賞金1000万円
選考委員/綾辻行人、新井素子、京極夏彦(日本推理作家協会代表理事)、月村了衛、貫井徳郎(五十音順・敬称略)

第六十六回江戸川乱歩賞最終候補作

※新型コロナウイルス感染拡大予防から、当初「第六十六回江戸川乱歩賞1次・2次予選経過発表および最終候補作」を掲載予定でした「小説現代六月号」が発売延期となりましたため、急遽小説現代HPで発表させていただくこととなりました。応募者の皆様には謹んでお詫び申し上げますとともに、ご理解のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

なお、受賞作品と、選考委員の選評は六月二十二日発売予定の「小説現代六・七月合併号」に掲載されます(新型コロナウイルス感染拡大状況により、最終選考が予定通り開催できない可能性もあります。随時講談社小説現代HPにてお知らせする予定です。ご了承ください)。

最終候補作
「ブルー オン ブラック」井上 雷雨
「エスカレーションラダー」小塚原 旬
「わたしが消える」佐野 広実
「インディゴ・ラッシュ」桃ノ雑派

会報2020年5月号を更新しました

2020年5月号を更新しました。

お知らせ一覧

協会報最新号

トップへ

協会報2020年6月号

2020年6月の活動

8
第六十六回江戸川乱歩賞選考会(リモート会議)
29
第七十二回定時社員総会(於・事務局)
第三回理事会(於・事務局)

2020年7月の活動

9
第七十三回日本推理作家協会賞選考会
協会報トップ