一般社団法人日本推理作家協会

最近入会した会員

推理作家協会賞

2018年 第71回
2017年 第70回
  • 長編及び連作短編集部門愚者の毒宇佐美まこと
  • 短編部門黄昏薬丸岳
2016年 第69回
2015年 第68回
2014年 第67回
2013年 第66回

推理作家協会賞を検索

推理作家協会賞一覧

江戸川乱歩賞

2018年 第64回
2017年 第63回
2016年 第62回
2015年 第61回
2014年 第60回
2013年 第59回

江戸川乱歩賞を検索

江戸川乱歩賞一覧

協会報記事 カテゴリ一覧

検索結果

「推理作家協会賞作品」の検索結果

159件中 1~20件目

2018年 第71回 日本推理作家協会賞 評論・研究部門

受賞作

しょうわのほんやくしゅっぱんじけんぼ

昭和の翻訳出版事件簿

受賞者:宮田昇(みやたのぼる)

  • [ 候補 ]『ミステリ読者のための 連城三紀彦全作品ガイド』 浅木原忍
  • [ 候補 ]『アガサ・クリスティーの大英帝国 名作ミステリと「観光」の時代』 東秀紀
  • [ 候補 ]『本格ミステリ戯作三昧 贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力』 飯城勇三
  • [ 候補 ]『乱歩と正史 人はなぜ死の夢を見るのか』 内田隆三

2018年 第71回 日本推理作家協会賞 長編および連作短編集部門

受賞作

いくさのそこ

いくさの底

受賞者:古処誠二(こどころせいじ)

  • [ 候補 ]『インフルエンス』 近藤史恵
  • [ 候補 ]『Ank : a mirroring ape』 佐藤究
  • [ 候補 ]『かがみの狐城』 辻村深月
  • [ 候補 ]『冬雷』 遠田潤子

2018年 第71回 日本推理作家協会賞 短編部門

受賞作

いつわりのはる

偽りの春

受賞者:降田天(ふるたてん)

  • [ 候補 ]『ただ、運が悪かっただけ』 芦沢央
  • [ 候補 ]『火事と標本』 櫻田智也
  • [ 候補 ]『理由』 柴田よしき
  • [ 候補 ]『階段室の女王』 増田忠則

2017年 第70回 日本推理作家協会賞 短編部門

受賞作

たそがれ

黄昏

受賞者:薬丸岳(やくまるがく)

  • [ 候補 ]『影』 池田久輝
  • [ 候補 ]『言の葉の子ら』 井上真偽
  • [ 候補 ]『旅は道連れ世は情け』 白河三兎
  • [ 候補 ]『鼠でも天才でもなく』 似鳥鶏

2017年 第70回 日本推理作家協会賞 長編及び連作短編集部門

受賞作

ぐしゃのどく

愚者の毒

受賞者:宇佐美まこと(うさみまこと)

  • [ 候補 ]『ノッキンオン・ロックドドア』 青崎有吾
  • [ 候補 ]『半席』 青山文平
  • [ 候補 ]『坂の途中の家』 角田光代
  • [ 候補 ]『涙香迷宮』 竹本健治

2017年 第70回 日本推理作家協会賞 評論その他の部門

受賞作

がいとうさくなし

該当作無し

  • [ 候補 ]『ドラキュラの精神史』 小野俊太郎
  • [ 候補 ]『狂うひと ―― 「死の棘」の妻・島尾ミホ』 梯久美子
  • [ 候補 ]『ぼくのミステリ・クロニクル』 戸川安宣 空犬太郎
  • [ 候補 ]『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』 福田ますみ
  • [ 候補 ]『署名はカリガリ 大正時代の映画と前衛主義』 四方田犬彦

2016年 第69回 日本推理作家協会賞 評論その他の部門

受賞作

まじかる・ひすとりー・つあー

マジカル・ヒストリー・ツアー

受賞者:門井慶喜(かどいよしのぶ)

  • [ 候補 ]『読み出したら止まらない!女子ミステリー マストリード100』 大矢博子
  • [ 候補 ]『サスペンス映画ここにあり』 川本三郎
  • [ 候補 ]『探偵小説のペルソナ―奇想と異常心理の言語態―』 小松史生子
  • [ 候補 ]『乱歩ワールド大全』 野村宏平

2016年 第69回 日本推理作家協会賞 長編及び連作短編集部門

受賞作

ころうのち

孤狼の血

受賞者:柚月裕子(ゆづきゆうこ)

  • [ 候補 ]『生還者』 下村敦史
  • [ 候補 ]『東京結合人間』 白井智之
  • [ 候補 ]『ミネルヴァの報復』 深木章子
  • [ 候補 ]『戦場のコックたち』 深緑野分

2016年 第69回 日本推理作家協会賞 短編部門

受賞作

おばあちゃんといっしょ

おばあちゃんといっしょ

受賞者:大石直紀(おおいしなおき)

受賞作

ばばぬき

ババ抜き

受賞者:永嶋恵美(ながしまえみ)

  • [ 候補 ]『リケジョの婚活』 秋吉理香子
  • [ 候補 ]『サイレン』 小林由香
  • [ 候補 ]『グラスタンク』 日野草

2015年 第68回 日本推理作家協会賞 短編部門

受賞作

がいとうさくなし

該当作無し

  • [ 候補 ]『許されようとは思いません』 芦沢央
  • [ 候補 ]『死は朝、羽ばたく』 下村敦史
  • [ 候補 ]『ゆるキャラはなぜ殺される』 東川篤哉
  • [ 候補 ]『ドールズ密室ハウス』 堀燐太郎

2015年 第68回 日本推理作家協会賞 長編及び連作短編集部門

受賞作

どばくのはな

土漠の花

受賞者:月村了衛(つきむらりょうえ)

受賞作

いのせんとでいず

イノセント・デイズ

受賞者:早見和真(はやみかずまさ)

  • [ 候補 ]『黒龍荘の惨劇』 岡田秀文
  • [ 候補 ]『シャーロック・ホームズの蒐集』 北原尚彦
  • [ 候補 ]『絶叫』 葉真中顕

2015年 第68回 日本推理作家協会賞 評論その他の部門

受賞作

ほんだなたんていさいごのあいさつ

本棚探偵最後の挨拶

受賞者:喜国雅彦(きくにまさひこ)

受賞作

あがさくりすてぃーかんぜんこうりゃく

アガサ・クリスティー完全攻略

受賞者:霜月蒼(しもつきあおい)

  • [ 候補 ]『ライトノベルから見た少女/少年小説史』 大橋崇行
  • [ 候補 ]『路地裏の迷宮踏査』 杉江松恋

2014年 第67回 日本推理作家協会賞 評論その他の部門

受賞作

さつじんはんはそこにいる

殺人犯はそこにいる

受賞者:清水潔(しみずきよし)

受賞作

へんかくたんていしょうせつにゅうもん

変格探偵小説入門

受賞者:谷口基(たにぐちもとい)

  • [ 候補 ]『ファントマ 悪党的想像力』 赤塚敬子
  • [ 候補 ]『虚構内存在―筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉』 藤田直哉
  • [ 候補 ]『ザ・流行作家』 校條剛

2014年 第67回 日本推理作家協会賞 長編及び連作短編集部門

受賞作

きんいろきかい

金色機械

受賞者:恒川光太郎(つねかわこうたろう)

  • [ 候補 ]『深紅の碑文』 上田早夕里
  • [ 候補 ]『幻夏』 太田愛
  • [ 候補 ]『ブラックライダー』 東山彰良
  • [ 候補 ]『ビブリア古書堂の事件手帖4』 三上延

2014年 第67回 日本推理作家協会賞 短編部門

受賞作

がいとうさくなし

該当作無し

  • [ 候補 ]『墓石の呼ぶ声』 翔田寛
  • [ 候補 ]『恋文』 西澤保彦
  • [ 候補 ]『春の十字架』 東川篤哉
  • [ 候補 ]『五度目の春のヒヨコ』 水生大海
  • [ 候補 ]『不惑』 薬丸岳

2013年 第66回 日本推理作家協会賞 評論その他の部門

受賞作

まるたのたかこうぎ

『マルタの鷹』講義

受賞者:諏訪部浩一(すわべこういち)

  • [ 候補 ]『ミステリ映画の大海の中で』 小山正
  • [ 候補 ]『戦後SF事件史』 長山靖生
  • [ 候補 ]『推理作家の家 名作のうまれた書斎を訪ねて』 南川三治郎
  • [ 候補 ]『江戸川乱歩作品論 一人二役の世界』 宮本和歌子

2013年 第66回 日本推理作家協会賞 長編及び連作短編集部門

受賞作

ひゃくねんほう

百年法

受賞者:山田宗樹(やまだむねき)

  • [ 候補 ]『帝の毒薬』 永瀬隼介
  • [ 候補 ]『千年ジュリエット』 初野晴
  • [ 候補 ]『猿の悲しみ』 樋口有介
  • [ 候補 ]『幽女の如き怨むもの』 三津田信三

2013年 第66回 日本推理作家協会賞 短編部門

受賞作

くらいえつりゅう

暗い越流

受賞者:若竹七海(わかたけななみ)

  • [ 候補 ]『父の葬式』 天祢涼
  • [ 候補 ]『青い絹の人形』 岸田るり子
  • [ 候補 ]『宗像くんと万年筆事件』 中田永一
  • [ 候補 ]『青葉の盤』 宮内悠介

2012年 第65回 日本推理作家協会賞 短編部門

受賞作

ぼうきょう、うみのほし

望郷、海の星

受賞者:湊かなえ(みなとかなえ)

  • [ 候補 ]『三階に止まる』 石持浅海
  • [ 候補 ]『言うな地蔵』 大門剛明
  • [ 候補 ]『足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)』 三上延
  • [ 候補 ]『この手500万』 両角長彦

2012年 第65回 日本推理作家協会賞 長編及び連作短編集部門

ジェノサイド

受賞作

じぇのさいど

ジェノサイド

受賞者:高野和明(たかのかずあき)

  • [ 候補 ]『地の底のヤマ』 西村健
  • [ 候補 ]『ユリゴコロ』 沼田まほかる
  • [ 候補 ]『放課後はミステリーとともに』 東川篤哉
  • [ 候補 ]『刑事さん、さようなら』 樋口有介